中小企業の資金調達相談なら

社長のための 資金繰り 緊急対策相談室

無料相談受付中

中小 企業再生 ER

アドバンスパートナーズ株式会社
代表取締役 辰岡 泰文

私自身失敗、挫折をバネに事業再生家として再チャレンジしています。 一人でも多くの経営者の方々の「言うに言えないこと」に係わり、元気な笑顔を取り戻していただき、元気な中小企業になっていただくことが私の使命であると考えます。

続きはコチラ

企業再生レポート 辰岡泰文ブログ
■ブログ更新情報 2018/01/12
会社を絶対潰さぬ極意とは?「失敗の事業計画」」を更新しました。

中小 企業再生 ER 商品のご案内

タ−ンアラウンドパートナーズガイド2009

別冊「タ−ンアラウンドパートナーズガイド2009」は、全国の企業再生支援に携わる法人・団体が所有しています。夕一ンアラウンドマネージャー定期購読先+下記4,776箇所以上。

事業再生アドバイザー

窮地に立たされた中小企業を救うのは熱い想いを抱いた事業再生アドバイザーたちだ!頼りになる地域密着・事業再生アドバイザー18団体を紹介。

ターンアラウンドマネージャー 2008年2月号

ターンアラウンドマネージャー 2008年2月号 特集「DIPファイナンス徹底研究」にて、辰岡 泰文が「セールアンドリースバック」を執筆しました。

大阪日日新聞

2008年8月9日の大阪日日新聞に掲載されました。

メディア掲載実績はコチラ

中小 企業再生 ER 個別守秘相談

中小 企業再生 ER アドバイザリー契約


中小 企業再生 ER コンテンツ一覧

中小 企業再生 ER 倒産危機からの復活!!企業再生レポート登録フォーム

メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。
登録フォーム
解除フォーム
『まぐまぐ!』から発行しています。

まぐまぐ!にて殿堂入りとなりました!

HOME >新規融資を勝ち取るには?> 新規融資調達に成功した事例集

新規融資調達に成功した事例集

 事例1

相談法人

水産物加工業
借入先 銀行1、漁協1、ファイナンス系1
借入額 5億円

相談内容

創業者は元町議会議員でもあり、信頼・雇用人員共に地域最大級の法人である。
しかし、円高定着による輸入加工品の台頭と国内消費者の「魚離れ」について行けず、
売上高の減少に歯止めがかからない。
資金繰りに困っては、創業者個人の預金を取り崩していたが、
ついには金融機関の返済が滞り、ノンバンクにも手を出す状況になってしまった。
個人預金を全て現金化して会社に注ぎ込んでしまい、新規の資金調達の途が無く、
実質的に手遅れに近い時期での相談であった。

再生スキーム

創業者の親類縁者が多額の役員報酬を受け取っており、 その仕事が、
他の従業員(働き者の漁師の妻が多い)の仕事量と不釣合いなため、彼らを退任させた。

さらに、彼らが使用していた社用車を全て売却した。
これらのリストラ策は、損失の発生が少なく済んだため、
損益・キャッシュフロー共々、大幅改善した。

また、4箇所あった冷凍倉庫を加工工場に連たんしている2棟に集約。
材料搬入→加工→保存の基本フローを簡素化し、操業効率が著しく改善した。
賃借料の半減で、営業収支もなんとか黒字化した。同時に金融機関がこれを大きく評価。
ニューローンが実施される事になった。

さらに、古くからの取引先数社の協力を得て少額私募債を募集して資金調達を行った結果、
多少の余裕資金が生まれ、金利の高いノンバンクには繰り上げ返済をし、
当面の資金繰り難から脱却することができた。

 事例2

相談法人

小売業
借入先 信組1
借入額 11億円
年商 20億円

相談内容

旗艦店舗(本店)の売上が突出しており(全体の55%)、
10店舗中の6店舗が営業利益段階で赤字若しくは非常に利益が薄く、
家賃の条件等も店舗ごとにバラツキがある。
好調時に建設した2つの支店を時価で再評価すれば、当法人は債務超過に陥ることになる。
また、営業収支すら黒字を出せない月が多くなっている。

再生スキーム

赤字若しくは低利益店舗は、原則として閉鎖し、自社物件であれば売却、
賃貸物件であれば保証金の返還によって、また継続店舗についても家賃交渉を
行うことによってキャッシュフローの改善を行った。
結局、10店舗中6店舗を廃止、廃止店舗の従業員の多くは円満退社し、
一部の従業員はパートへの変更によって雇用を維持し、
継続店舗の家賃も交渉によって 平均20%減少した。
当面、役員報酬を40%カットし、経営者の再建へ向けた真摯な姿勢を見せることとなった。

人件費と支払家賃が大幅減少したため、営業キャッシュフローが健全化し、 返済の見通しが
明確化し、かねてより訪問してくれていた新たな金融機関が融資の実行を申し出てきた。

新規融資調達についてよくある質問へ



HOME >新規融資を勝ち取るには?> 新規融資調達に成功した事例集

資金繰り相談室 TEL

ページTOPへ


HOME | 事業内容 | 企業再生した事例集 | 代表挨拶 | 会社概要
サイトマップ | プライバシーポリシー | お問合せ・ご相談


Copyright c 2006 architec-ja.com All Rights Reserved./porwered by JHM