中小企業の資金調達相談なら

社長のための 資金繰り 緊急対策相談室

無料相談受付中

中小 企業再生 ER

アドバンスパートナーズ株式会社
代表取締役 辰岡 泰文

私自身失敗、挫折をバネに事業再生家として再チャレンジしています。 一人でも多くの経営者の方々の「言うに言えないこと」に係わり、元気な笑顔を取り戻していただき、元気な中小企業になっていただくことが私の使命であると考えます。

続きはコチラ

企業再生レポート 辰岡泰文ブログ
■ブログ更新情報 2018/01/12
会社を絶対潰さぬ極意とは?「失敗の事業計画」」を更新しました。

中小 企業再生 ER 商品のご案内

タ−ンアラウンドパートナーズガイド2009

別冊「タ−ンアラウンドパートナーズガイド2009」は、全国の企業再生支援に携わる法人・団体が所有しています。夕一ンアラウンドマネージャー定期購読先+下記4,776箇所以上。

事業再生アドバイザー

窮地に立たされた中小企業を救うのは熱い想いを抱いた事業再生アドバイザーたちだ!頼りになる地域密着・事業再生アドバイザー18団体を紹介。

ターンアラウンドマネージャー 2008年2月号

ターンアラウンドマネージャー 2008年2月号 特集「DIPファイナンス徹底研究」にて、辰岡 泰文が「セールアンドリースバック」を執筆しました。

大阪日日新聞

2008年8月9日の大阪日日新聞に掲載されました。

メディア掲載実績はコチラ

中小 企業再生 ER 個別守秘相談

中小 企業再生 ER アドバイザリー契約


中小 企業再生 ER コンテンツ一覧

中小 企業再生 ER 倒産危機からの復活!!企業再生レポート登録フォーム

メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。
登録フォーム
解除フォーム
『まぐまぐ!』から発行しています。

まぐまぐ!にて殿堂入りとなりました!

HOME >倒産危機からの復活!! 企業再生 レポートバックナンバー> 第1号 「借りたお金は返さなくてはならないのか?」

「借りたお金は返さなくてはならないのか?」

これは、世間の常識です、そして当たり前の正義です。
しかし、もしもあなたの会社が借金をして返せなくなったらどうでしょうか?

まず、あなたが銀行で借り入れした時のことを思い出してください。

たくさんの書類を作成して、その銀行の担当者に渡し、何度も打ち合わせして、
最後には、その銀行の支店長にも面接し、やっと融資がおりる。
こうして借り入れをしたはずです。

その銀行も支店から本部に稟議書を通し、あくまでもビジネスとして融資したのです。

その証拠にあなたは、銀行に利息を払っていたはずです。
利息がタダの融資は、絶対ありえません。

あくまでもビジネスだったのです。

しかし、事業というものは100パーセント成功する確率は無いのです。
ハイリスク、ローリスクのぶれはあるでしょうが100パーセントはありえません。

そしていつしか何かの歯車が狂い当初の収益計画も実現せず(リスクが顕在化して)、返済が苦しくなる。

ここで言いたいのは、「借りた金は返す」というのは当然に当たり前の正義ですし、
疑う余地はありません。

当然1円でもおおく返済するべきであるし、債権者にかける迷惑を最小限にすべきです。

しかしもっと大切なことは、あなたの会社が時としてはかたちを変えてでも生き残る。
そして、事業再生し、結果として1円で多く納税し、一人でも多くの雇用を生み出すことであると信じています。

私は、過去に30億の負債をかかえ、自らの会社を倒産させました。

しかしふたたび社会貢献できることを信じてチャレンジしています。

そして、いま苦しい経営環境で必死でがんばっている経営者のみなさん。
共に考え、かならず解決できる計画を作り、一緒に前向きに明るく、元気にチャレンジしましょう。

我々には、解決するためのノウハウと経験があります。
少しだけ気軽な気持ちになってご相談ください。

そしていい顔(明るい)になって社員や家族のもとに帰り、明るい笑顔を見せてあげてください。

あなたの笑顔は、なにものにも換えがたいほど大切です、そしてそのことは、あなた自身が一番よく知っているはずです。

我々は、あなたの気持ちを経営者の同志として一番理解しているつもりでいます。

解決する手段は、かならずあります。

「企業再生・事業再生」のことを「ターンアラウンド」(TURN AROUND;方向転換の意)といいます。

そして私たちのように、企業再生・事業再生コンサルティングの専門家は、
ターンアラウンダーと呼ばれています。

次号からは、われわれ、ターンアラウンダーが「企業再生・事業再生」のノウハウをメールマガジン上で公開いたします。


具体的には、


●返済がきついので銀行毎月の返済額を少なくするよう銀行に
 お願いしたいが、実際にどうしたらよいのか方法が分からない。
●毎月の資金繰りが厳しくいつも走り回っており、苦労している。
●過去の過大な借入金の負担が重い。
●最近、「企業再生・事業再生」という言葉を良く聞くが、
 自分の会社も再生できるのだろうか?
●担保に入れている不動産を売却して借金返済すると商売ができな
 くなり、廃業しかないが、不動産を処分して身軽になり、かつそ
 のまま商売が続けられる方法はないものか?
●今月の手形決済が、できそうもない、何か対処する策はないものか?
 などと言う疑問にお答えすべくメールマガジンを発行してゆきます。

今回の記念すべき第1回メールマガジンは、「資金繰りにつまったら」と題して以下に掲示いたします。


1、まず、なぜお金が足らないのかを見極めます。
A……事業が赤字で損失(利益よりも経費の方が多くてお金が足らない)している
B……売り上げの回収(集金)よりも買掛金の支払いが先に出るのでお金が足らない
C……借入金(借金)の返済が、多くてお金が足りない

概ねこの3つの理由もしくは、その重複になっていることがほとんどですので、その理由を、究明して対策を講じます。

2、
Aのケースの場合、とにかく事業を、すればするほどお金が足りません。
まず利益が出るようにしなければなりませんが、結局は、経費を縮めるか、
売り上げを増やすことです、この先続けるか、整理するかの選択になるでしょう。

Bのケースの場合、Aの理由が無ければ、黒字であるがお金が足らない(キャッシュアウト)ということです。
支払い方法(サイト)や、売掛金の回収の改善を図ります。
しかし、どのような業種であれ、事業が黒字であれば売掛金と買掛金の差とサイトの差しかお金はマイナスになりませんから、適正なの借り入れ金等で足るはずです。
Aなどの理由が無いか十分に調査、検討してください。

Cのケースの場合、新規借り入れや借り増しが、不可能なら、取引銀行にお願いしてリスケジュール(返済方法変更願い)を実施してもらいます。
具体的には、元本の減免や金利のみの支払いに変更してもらいます。
ただしこの変更は、せいぜい1年、長くて2年ですので、その間に抜本的対策を考えなくてはなりません。
またリスケジュールを行うと、その分手元資金は潤沢になりますが、新規融資はできなくなるので、「腹を括った」対策を考えます、

3、絶対にしてはいけないこと
銀行に借入金の増額等を申し込むと連帯保証人の追加や、追加担保を要求されます。
社長自身が事業に100パーセントの自信があれば問題はありませんが、そんなことはありえません。
上記の要求は、絶対に受け入れないことです。

また、サラ金や、街金も絶対NGです。
まして闇金はもってのほかです。
この一線を越えるともはや事業ではなく命を賭けた博打になります。
一般の金融機関以外は、債務を増やさないようにしなければなりません。

これは鉄則です。

しかし、どんなところに借金があってもご相談ください。
難易度とリスクが増えますが、解決は、可能です。

相談はこちらから↓↓
http://www.architec-ja.com/mail/mail.html
   

最後に、これから会社を起業したいと思っている方や、すでに会社を経営していて、資金面などで、経営危機に瀕している方など、
多くの方々のお役立ちになることを願いこのメールマガジンを発行してまいります。


企業再生においては、時間の遅れが命取りになります。
病気を早く発見することが、早い治療につながるのと同じく、企業再生においてもスピードが大切です。

あなたの会社の変革の一助になれることを信じてこのメールマガジンを発信します。



HOME >倒産危機からの復活!! 企業再生 レポートバックナンバー> 第1号 「借りたお金は返さなくてはならないのか?」

資金繰り相談室 TEL

ページTOPへ


HOME | 事業内容 | 企業再生した事例集 | 代表挨拶 | 会社概要
サイトマップ | プライバシーポリシー | お問合せ・ご相談


Copyright c 2006 architec-ja.com All Rights Reserved./porwered by JHM