中小企業の資金調達相談なら

社長のための 資金繰り 緊急対策相談室

無料相談受付中

中小 企業再生 ER

アドバンスパートナーズ株式会社
代表取締役 辰岡 泰文

私自身失敗、挫折をバネに事業再生家として再チャレンジしています。 一人でも多くの経営者の方々の「言うに言えないこと」に係わり、元気な笑顔を取り戻していただき、元気な中小企業になっていただくことが私の使命であると考えます。

続きはコチラ

企業再生レポート 辰岡泰文ブログ
■ブログ更新情報 2018/01/12
会社を絶対潰さぬ極意とは?「失敗の事業計画」」を更新しました。

中小 企業再生 ER 商品のご案内

タ−ンアラウンドパートナーズガイド2009

別冊「タ−ンアラウンドパートナーズガイド2009」は、全国の企業再生支援に携わる法人・団体が所有しています。夕一ンアラウンドマネージャー定期購読先+下記4,776箇所以上。

事業再生アドバイザー

窮地に立たされた中小企業を救うのは熱い想いを抱いた事業再生アドバイザーたちだ!頼りになる地域密着・事業再生アドバイザー18団体を紹介。

ターンアラウンドマネージャー 2008年2月号

ターンアラウンドマネージャー 2008年2月号 特集「DIPファイナンス徹底研究」にて、辰岡 泰文が「セールアンドリースバック」を執筆しました。

大阪日日新聞

2008年8月9日の大阪日日新聞に掲載されました。

メディア掲載実績はコチラ

中小 企業再生 ER 個別守秘相談

中小 企業再生 ER アドバイザリー契約


中小 企業再生 ER コンテンツ一覧

中小 企業再生 ER 倒産危機からの復活!!企業再生レポート登録フォーム

メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。
登録フォーム
解除フォーム
『まぐまぐ!』から発行しています。

まぐまぐ!にて殿堂入りとなりました!

HOME >倒産危機からの復活!! 企業再生 レポートバックナンバー> 第92号 資金繰り悪化の主な原因

■■■企業再生sell&leasback オフィシャル■■■
http://www.adv-partners.com/

■■■中小企業再生の緊急救命室■■■
http://www.architec-ja.com/


□第92号 資金繰り悪化の主な原因□


資金繰り表で資金不足が発生する場合、その本当の原因を見極めないと
資金繰り悪化は改善されません。

殆どの経営者は、つなぎ資金が手に入らないことを原因に挙げます。
しかし、資金繰り悪化の本当の原因は、借入に依存しなければならない
状況を作った経営活動および財務体質に原因があります。

借り入れが可能な間は、つなぎ資金が手に入るので問題が
表面化しなかっただけです。
借り入れが困難になった時、初めて気がつくのです。

では本当の原因とは何でしょうか。
大きく分けると次の5項目になります。

1.赤字による資金ショート

赤字は資金繰りを悪化させる最も本質的な原因です。
赤字経営では資金繰りの改善は決してできません。

一日も早く原因を解明、改善し赤字経営から、
黒字経営に転換しなければなりません。


2.回収と支払のバランス不一致

日本の商憤習では、販売も仕入も信用取引(掛取引)で行われるのが一般的です。
売掛金については、入金されるまで販売会社が資金を負担することになります。

売掛回収のサイトが延びたり、買掛支払のサイトが短くなったりすると
回収と支払のバランスが崩れて、資金負担が増えることになります。


3.在庫の増大

在庫が増えるということは、仕入れた商品が売れずに残っている
ということなので、在庫が増えるほど資金繰りは苦しくなります。

しかし、注文を受けてから仕入れを始めると納期が長くなり顧客の要講に
対応できず、販売のチャンスを逃してしまうというリスクが大きくなります。

顧客のニーズを判断して、売れ筋商品を適量に在庫として持つことが重要であり、
販売効率や資金効率を高める決め手でもあります。


4.売上債権の貸倒れ

貸倒金額に割引済み手形が含まれている場合、振出人が倒産しており決済能力が
ないため、割引人が代わって決済しなければならない義務が発生します
(割引手形の買戻し)。

割引手形の買戻し資金が工面できないと、その手形を受け取った会社が
銀行取引を停止してしまいます。これが代表的な連鎖倒産の例です。

諸々の事情はあるでしょうが、長引く不況で多くの企業が業績悪化に
陥っている時だけに、目先の売上だけを狙った危ない得意先との取引は
この際見直すべきです。


5.投資(設備・不動産・株式など)の失敗

投資を行うときに、全額を自己資金で賄えればよいのですが、
借入金で賄った場合にはその返済原資が必要です。

投資から生じる収益で借入金の返済が可能であれば問題ありませんが、
計画通りの利益が上がらなかった場合は資金不足の原因となります。

投資は金額が大きく失敗した際の資金繰りに与えるダメージが大きいため、
慎重に行う必要があります。

資金繰りが苦しいと感じるなら、見たくない所に目を向け、
根本解決を図ることが大切です。


尚、個別守秘相談も毎週月〜金曜日、
弊社コンサルティングルームにて開催しております。
お気軽にご予約下さいませ。

■■■企業再生sell&leasback オフィシャル■■■
http://www.adv-partners.com/

■■■中小企業再生の緊急救命室■■■
http://www.architec-ja.com/



▼個別守秘相談について詳しくはこちら▼
http://www.adv-partners.com/jigyou/seminar.html



HOME >倒産危機からの復活!! 企業再生 レポートバックナンバー> 第92号 資金繰り悪化の主な原因

資金繰り相談室 TEL

ページTOPへ


HOME | 事業内容 | 企業再生した事例集 | 代表挨拶 | 会社概要
サイトマップ | プライバシーポリシー | お問合せ・ご相談


Copyright c 2006 architec-ja.com All Rights Reserved./porwered by JHM