中小企業の資金調達相談なら

社長のための 資金繰り 緊急対策相談室

無料相談受付中

中小 企業再生 ER

アドバンスパートナーズ株式会社
代表取締役 辰岡 泰文

私自身失敗、挫折をバネに事業再生家として再チャレンジしています。 一人でも多くの経営者の方々の「言うに言えないこと」に係わり、元気な笑顔を取り戻していただき、元気な中小企業になっていただくことが私の使命であると考えます。

続きはコチラ

企業再生レポート 辰岡泰文ブログ
■ブログ更新情報 2018/01/12
会社を絶対潰さぬ極意とは?「失敗の事業計画」」を更新しました。

中小 企業再生 ER 商品のご案内

タ−ンアラウンドパートナーズガイド2009

別冊「タ−ンアラウンドパートナーズガイド2009」は、全国の企業再生支援に携わる法人・団体が所有しています。夕一ンアラウンドマネージャー定期購読先+下記4,776箇所以上。

事業再生アドバイザー

窮地に立たされた中小企業を救うのは熱い想いを抱いた事業再生アドバイザーたちだ!頼りになる地域密着・事業再生アドバイザー18団体を紹介。

ターンアラウンドマネージャー 2008年2月号

ターンアラウンドマネージャー 2008年2月号 特集「DIPファイナンス徹底研究」にて、辰岡 泰文が「セールアンドリースバック」を執筆しました。

大阪日日新聞

2008年8月9日の大阪日日新聞に掲載されました。

メディア掲載実績はコチラ

中小 企業再生 ER 個別守秘相談

中小 企業再生 ER アドバイザリー契約


中小 企業再生 ER コンテンツ一覧

中小 企業再生 ER 倒産危機からの復活!!企業再生レポート登録フォーム

メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。
登録フォーム
解除フォーム
『まぐまぐ!』から発行しています。

まぐまぐ!にて殿堂入りとなりました!

HOME >倒産危機からの復活!! 企業再生 レポートバックナンバー> 第49号 不動産バブル崩壊か

■■■企業再生sell&leasback オフィシャル■■■
http://www.adv-partners.com/

■■■中小企業再生の緊急救命室■■■
http://www.architec-ja.com/


□第49号 不動産バブル崩壊か□

今日は、少々つらい話をしなければなりません。
ここ数年で、大手都市銀行は芽を吹き返し、
都心部の不動産価格高騰の恩恵を受けて、
さらなるステップへ、と思った瞬間にキナ臭くなって参りました。

土地開発→建物建設→ファンド・投資家→ファンド・投資家→出口

という流れが崩れ始めています。出口の名乗りが少ないのです。
住宅用なら、最終的にそこに住むのを必要とする人、
事業用なら、最終的にそこで事業を営む人、
ないし、それをターゲットにして賃貸業を営む人といったところでしょうか。
価格・賃料が下がりだしますと、どうしても、様子見になってしまいます。

そして、出口の手前のファンド・投資家がおかしくなってきました。
外資系は、サブプライム問題のあおりで、本国への送金に追われ、
日本国内では売り一色ですし、社員へもリストラモードです。
大手銀行も損失の存在を明らかにしています。

金融機関は、現在の投資案件には慎重な姿勢が目立ちます。
相談にお見えの方々からは「担当者の態度がちがう。」との声も。
ご事情をおうかがいする中でハッキリしてくるのは、
皆様が金融機関から「はしごをはずされた」様な状態なのです。

借入を元手に始められた方は、現在の情勢では皆苦しいのです。
まさに「ガマン大会」に入りつつあります。
こんな時に、サラリーマンの行員に恨み節を吐いても何も好転しません。
金融機関が「晴れの時にしか、傘を貸さない。」などというのは、
今に始まったことでは有りません。誰でも知っている事です。
また、借入を必要としない裕福な方々をのろっても残高は増えません。
今やるべきは、淡々と企業再生へ向けた準備を始める事です。

不動産・建設に関る業種・投資家の皆様は、これから覚悟が必要です。
放置すれば、借入を返せなくなり、収入は悪化の一途、
さらに、あてにしていた得意先の破綻が襲いかかってきます。

法人や経営者個人の預金残高がジリ貧になってからの再生は困難です。
返済の繰延等の条件変更や、第二の出発を準備しようにも、
支払先への手形決済や、通常の支払がクリアできなくなるのです。
お手伝い頂いている方々への支払を完全にやめれば、
その業態での再復活は厳しくなるでしょう。
一番危険なのは、銀行返済のために、高利貸や親戚に泣きつく事。
すぐ、借入残高が膨張し、虎の子の資産は皆ひも付きになり、
最後は、一家離散。これは、最悪のシナリオです。

「あと半年早く相談していたら……。」という嘆きをよく耳にします。
何らかの予兆を認識されていたからこそ、悔やむ方々が出てくるのです。
本当の不可抗力なら、もっとサッパリできるのですが、
そこは、思い入れのある人生・事業・自宅ですので、そうは参りません。

弊社には金融機関出身の経験豊富なスタッフが在籍しております。
今、「何か、おかしい。」、「先が見えない。」とお感じになりましたら、
どうぞ、迷われずに、弊社の個別守秘相談へいらしてください。
▼個別守秘相談について詳しくはこちら▼
http://www.adv-partners.com/jigyou/seminar.html

尚、個別守秘相談も毎週月〜金曜日、
弊社コンサルティングルームにて開催しております。
お気軽にご予約下さいませ。

■■■企業再生sell&leasback オフィシャル■■■
http://www.adv-partners.com/

■■■中小企業再生の緊急救命室■■■
http://www.architec-ja.com/



▼個別守秘相談について詳しくはこちら▼
http://www.adv-partners.com/jigyou/seminar.html



HOME >倒産危機からの復活!! 企業再生 レポートバックナンバー> 第49号 不動産バブル崩壊か

資金繰り相談室 TEL

ページTOPへ


HOME | 事業内容 | 企業再生した事例集 | 代表挨拶 | 会社概要
サイトマップ | プライバシーポリシー | お問合せ・ご相談


Copyright c 2006 architec-ja.com All Rights Reserved./porwered by JHM