中小企業の資金調達相談なら

社長のための 資金繰り 緊急対策相談室

無料相談受付中

中小 企業再生 ER

アドバンスパートナーズ株式会社
代表取締役 辰岡 泰文

私自身失敗、挫折をバネに事業再生家として再チャレンジしています。 一人でも多くの経営者の方々の「言うに言えないこと」に係わり、元気な笑顔を取り戻していただき、元気な中小企業になっていただくことが私の使命であると考えます。

続きはコチラ

企業再生レポート 辰岡泰文ブログ
■ブログ更新情報 2018/01/12
会社を絶対潰さぬ極意とは?「失敗の事業計画」」を更新しました。

中小 企業再生 ER 商品のご案内

タ−ンアラウンドパートナーズガイド2009

別冊「タ−ンアラウンドパートナーズガイド2009」は、全国の企業再生支援に携わる法人・団体が所有しています。夕一ンアラウンドマネージャー定期購読先+下記4,776箇所以上。

事業再生アドバイザー

窮地に立たされた中小企業を救うのは熱い想いを抱いた事業再生アドバイザーたちだ!頼りになる地域密着・事業再生アドバイザー18団体を紹介。

ターンアラウンドマネージャー 2008年2月号

ターンアラウンドマネージャー 2008年2月号 特集「DIPファイナンス徹底研究」にて、辰岡 泰文が「セールアンドリースバック」を執筆しました。

大阪日日新聞

2008年8月9日の大阪日日新聞に掲載されました。

メディア掲載実績はコチラ

中小 企業再生 ER 個別守秘相談

中小 企業再生 ER アドバイザリー契約


中小 企業再生 ER コンテンツ一覧

中小 企業再生 ER 倒産危機からの復活!!企業再生レポート登録フォーム

メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。
登録フォーム
解除フォーム
『まぐまぐ!』から発行しています。

まぐまぐ!にて殿堂入りとなりました!

HOME >倒産危機からの復活!! 企業再生 レポートバックナンバー> 第47号 事業再生の専門家に不可欠な資質

■■■企業再生sell&leasback オフィシャル■■■
http://www.adv-partners.com/

■■■中小企業再生の緊急救命室■■■
http://www.architec-ja.com/


□第47号 事業再生の専門家に不可欠な資質□


長年、事業再生の現場におりますと、必ずと言っていいほど、
ワンパターンのコンサルティングしか行わない人を見かけます。

最も多いのは、リスケ交渉だけやっておいて、事業の抜本的見直しを懈怠する例です。
リスケジュールは通常、半年から一年程度の暫定措置でしかありません。
麻酔をかけたまま、何もしない医者がどこにいますか?
彼らにすれば、月額報酬の受取期間が長期化できるため、横行してしまうのです。
また、企業経営者側も、苦しみが減っている上にイヤな事を言われずに済むので、
心地良いわけです。

次に多いのが、財務諸表から誰でもわかるような問題点を指摘するだけの例です。
何百万もコンサルティング料を払って、本で読んだような内容だけで終わった、
という気の毒な嘆きをよく耳にします。
経営者の皆様は、危機感が高まりますと、必至で勉強されます。
この種の猛勉強は、時には、一部の専門家の偏ったワンパターンを凌駕します。
所詮、金儲けだけを考える者の学習など浅いものです。

弁護士、公認会計士、税理士、司法書士等の各士業にも、
或いは、経営・再生等の専門コンサルタントにも、
必ず、得意分野・苦手分野がありますし、それぞれ、見方・傾向・クセが顕著です。
自己破産・民事再生ばかりをやたらに勧める方もいれば、
高利貸との特定調停を中心とした債務整理に特化されている方もいれば、
過去の粉飾への嫌悪感ばかりが先に立って、処方箋を出さない方もいれば、
一般の正常企業を上客とし、困っている企業への指導ノウハウを持たない方もいます。
或いは、債務整理を支援するポーズをとりつつ、会社財産を吸い上げる整理屋もいます。
金融機関等債権者側のことばかり気にする方もいれば、
債務者側に立ちすぎて、金融機関に「あっかん、ベエ」する事しか考えない方もおります。
各人の知識・経験の軸足はあってしかるべきですが、
そこから、周辺分野への拡張作業を怠る人間は、企業の再生には不向きです。
当たり前の事ですが、「汚い心」の持ち主は、誰も救えません。

是非とも、経営者の皆様には、
ご相談中の各専門家の方々を、今一度、思い直してみて頂きたいのです。
「胡散臭い」のは論外、ある場面で急に「狡賢く」なるのもダメです。
いつ相談しても、同じ事しか言わない人がでた時は「要注意。」
これには、専門家側の知識が浅薄な時と、相談者側の努力不足が原因の時があります。
また、企業の再生には、各方面の専門家の連携が必要な場面も多くあります。
そのときに、タッグを組む相手がちゃんといるのか、そこも大切です。

私は、再生局面における相談相手には次の要素が不可欠であると考えております。
1.心が汚くない事
2.知識・人脈・経験に過度の偏りが無い事
3.企業再生スキームを提案できるだけの瞬発力がある事

いかがですか?
再生の世界は、何でもピンキリです。
しかし、上の3つの視点を押さえておけば、良い方に出会えると思います。




尚、個別守秘相談も毎週月〜金曜日、
弊社コンサルティングルームにて開催しております。
お気軽にご予約下さいませ。

■■■企業再生sell&leasback オフィシャル■■■
http://www.adv-partners.com/

■■■中小企業再生の緊急救命室■■■
http://www.architec-ja.com/



▼個別守秘相談について詳しくはこちら▼
http://www.adv-partners.com/jigyou/seminar.html



HOME >倒産危機からの復活!! 企業再生 レポートバックナンバー> 第47号 事業再生の専門家に不可欠な資質

資金繰り相談室 TEL

ページTOPへ


HOME | 事業内容 | 企業再生した事例集 | 代表挨拶 | 会社概要
サイトマップ | プライバシーポリシー | お問合せ・ご相談


Copyright c 2006 architec-ja.com All Rights Reserved./porwered by JHM