中小企業の資金調達相談なら

社長のための 資金繰り 緊急対策相談室

無料相談受付中

中小 企業再生 ER

アドバンスパートナーズ株式会社
代表取締役 辰岡 泰文

私自身失敗、挫折をバネに事業再生家として再チャレンジしています。 一人でも多くの経営者の方々の「言うに言えないこと」に係わり、元気な笑顔を取り戻していただき、元気な中小企業になっていただくことが私の使命であると考えます。

続きはコチラ

企業再生レポート 辰岡泰文ブログ
■ブログ更新情報 2006/12/20
リスケジュール:資金流出(出血)を止める」を更新しました。

中小 企業再生 ER 商品のご案内

タ−ンアラウンドパートナーズガイド2009

別冊「タ−ンアラウンドパートナーズガイド2009」は、全国の企業再生支援に携わる法人・団体が所有しています。夕一ンアラウンドマネージャー定期購読先+下記4,776箇所以上。

事業再生アドバイザー

窮地に立たされた中小企業を救うのは熱い想いを抱いた事業再生アドバイザーたちだ!頼りになる地域密着・事業再生アドバイザー18団体を紹介。

ターンアラウンドマネージャー 2008年2月号

ターンアラウンドマネージャー 2008年2月号 特集「DIPファイナンス徹底研究」にて、辰岡 泰文が「セールアンドリースバック」を執筆しました。

大阪日日新聞

2008年8月9日の大阪日日新聞に掲載されました。

メディア掲載実績はコチラ

中小 企業再生 ER 個別守秘相談

中小 企業再生 ER アドバイザリー契約


中小 企業再生 ER コンテンツ一覧

中小 企業再生 ER 倒産危機からの復活!!企業再生レポート登録フォーム

メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。
登録フォーム
解除フォーム
『まぐまぐ!』から発行しています。

まぐまぐ!にて殿堂入りとなりました!

Home  ->   救命措置

リスケジュール:資金流出(出血)を止める


借り入れ金の返済等で資金繰りか困窮している会社の場合は、金融機関に対してリスケジュール(返済条件変更依頼)をお願いします。目安としては金利+α程度にしてもらいます。これにより手元資金はある程度余裕が出来るはずです。この間に今後の再生計画を煮詰めましょう。ただし、今後はリスケジュールをお願いした金融機関からの新規借り入れは難しいので慎重に行います。



 

資金調達:資金流入(輸血)を行う


手元資金を潤沢にし手形決済などに支障をきたさないために、にできる範囲で仕入れ等の支払い条件の変更(締め支払い)や手形ジャンプをお願いして会社に残る預金残高を少しでも多くなるようにします。また、経費などしぼれるものは無いか検討し、会社からの資金の出を最小限にします。取引関係先などに信用不安を招かないように慎重に行います。



 

生存空間(自宅)を守る


そして一番大切な自宅を守るための対策を講じます、ほとんどの場合、社長の自宅は、抵当権がついています、まず社長の心のよりどころである自宅を守るために、最優先に行動します、しかし金融機関など債権者から詐害行為ととられるともともこもないのでリーガルチェック(法に照らし合わせた判断)が、不可欠です。



 

保証人を守る:伝染病(保証人)対策を考える


リスケジュールを実施すると連帯保証人に連絡がいくのであらかじめ連絡して、会社の現状を説明します。また可能な限り連帯保証を外せるように対策を講じます。



 

企業診断:全身診察(企業診断)を行う

会社の3期分の決算資料(BS、PL、キャッシュフロー表)をそろえていただき、あなたの会社の診断を実施します。このとき一番大切なのは社長のあなたが今後、会社をどのようにしたいのか(どんな型にするか)ということです。社長の望む型を考慮しいかにすればそれが可能か、不可能か、また最善の策は何かを経営のプロとして提案します。






Home  ->   救命措置

資金繰り相談室 TEL

ページTOPへ


HOME | 事業内容 | 企業再生した事例集 | 代表挨拶 | 会社概要
サイトマップ | プライバシーポリシー | お問合せ・ご相談


Copyright c 2006 architec-ja.com All Rights Reserved./porwered by JHM