中小企業の資金調達相談なら

社長のための 資金繰り 緊急対策相談室

無料相談受付中

中小 企業再生 ER

アドバンスパートナーズ株式会社
代表取締役 辰岡 泰文

私自身失敗、挫折をバネに事業再生家として再チャレンジしています。 一人でも多くの経営者の方々の「言うに言えないこと」に係わり、元気な笑顔を取り戻していただき、元気な中小企業になっていただくことが私の使命であると考えます。

続きはコチラ

企業再生レポート 辰岡泰文ブログ
■ブログ更新情報 2017/10/11
経営危機の回避法とは?その4」を更新しました。

中小 企業再生 ER 商品のご案内

タ−ンアラウンドパートナーズガイド2009

別冊「タ−ンアラウンドパートナーズガイド2009」は、全国の企業再生支援に携わる法人・団体が所有しています。夕一ンアラウンドマネージャー定期購読先+下記4,776箇所以上。

事業再生アドバイザー

窮地に立たされた中小企業を救うのは熱い想いを抱いた事業再生アドバイザーたちだ!頼りになる地域密着・事業再生アドバイザー18団体を紹介。

ターンアラウンドマネージャー 2008年2月号

ターンアラウンドマネージャー 2008年2月号 特集「DIPファイナンス徹底研究」にて、辰岡 泰文が「セールアンドリースバック」を執筆しました。

大阪日日新聞

2008年8月9日の大阪日日新聞に掲載されました。

メディア掲載実績はコチラ

中小 企業再生 ER 個別守秘相談

中小 企業再生 ER アドバイザリー契約


中小 企業再生 ER コンテンツ一覧

中小 企業再生 ER 倒産危機からの復活!!企業再生レポート登録フォーム

メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。
登録フォーム
解除フォーム
『まぐまぐ!』から発行しています。

まぐまぐ!にて殿堂入りとなりました!

HOME >事例集> 事例6 (静かに事業を終わらす)

事例6 (静かに事業を終わらす)

石材加工業
年商5000万円
従業員3人
借入先 銀行、信用金庫、商工ローン

現状

以前は、年商1億円ぐらいの商いであったが、ここ数年5000万円ぐらいに落ち込んでいる。ここ数ヶ月は、受注が、極端に少なく、各金融機関への返済が、来月以降難しい。社長夫婦は60代で、息子は、無関係の会社でサラリーマンをしており、後を継ぐ気は、まったくない。社長夫婦は事業に愛着はあるが、現在の会社の状態を考えると、なんとか静かに事業を終わらせたい。ただ、担保に入っていて社長夫婦と母が同居している母の家(自宅)が、心配である。

再生スキーム

@ 事業に将来性が無く、跡継ぎもないため、静かな会社の終焉を計画する。

A 銀行、信用金庫等には、リスケジュールをお願いし、商工ローンには、特定調停を持ちかける。倒産ではなく、休眠状態とし、税務署だけに廃業届けをだす。

B 自宅を保全するため協力者(息子または親類)を探しセール&リースバックしてもらう。これによって安心してすみ続けられる。
セール&リースバックは、当社もしくは当社の協力会社にて行います

C 社長は、年金があり、働ける間は知り合いの会社でアルバイト等の収入で生計が十分に立てられる。

D 無担保債権となった残債は、やがてサービサーに金融機関から売却され、サービサーと債務の買取、分割払い等を気長に交渉する。

E これで、自宅に住みつつ、静かなリタイヤが可能となる、跡継ぎも無いことから社長自身も満足な結果になった。





HOME >事例集> 事例6 (静かに事業を終わらす)

資金繰り相談室 TEL

ページTOPへ


HOME | 事業内容 | 企業再生した事例集 | 代表挨拶 | 会社概要
サイトマップ | プライバシーポリシー | お問合せ・ご相談


Copyright c 2006 architec-ja.com All Rights Reserved./porwered by JHM